食物繊維を食べ過ぎると便秘が悪化するって本当?

 

便秘解消効果のある食べ物といえば、食物繊維を多く含む食べ物!というイメージを持たれている方も多いかもしれませんね。
ですが、食物繊維は摂り方を間違えるとかえって便秘を悪化させてしまうことをご存知でしょうか。
ここでは食物繊維の食べ過ぎによる便秘悪化の理由を中心に解説していきます。

 

食物繊維の食べ過ぎで便秘が悪化してしまう理由

食物繊維には、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2種類があります。

 

水溶性食物繊維

水溶性食物繊維とは水に溶ける食物繊維のことで、海藻類やリンゴなどの果物、こんにゃくなどに多く含まれています。
水溶性食物繊維は腸の中で便に適度な水分を含ませて、老廃物や毒素などを吸着して体外へ排出させる働きをします。

 

不溶性食物繊維

一方、不溶性食物繊維は、穀類や豆類、イモ類、野菜類に多く含まれている食物繊維です。
腸内において、水分を吸収して便の量を増やし、腸壁を刺激して腸の蠕動運動を活発にさせる働きを持ちます。

 

そのため不溶性食物繊維は、ダイエットなどにより食べる量が減って便の量も減り、
腸の動きが鈍くなってしまった便秘の状態で摂取すると便秘を解消してくれるのです。

 

食物繊維を食べ過ぎると便秘が悪化する理由

では何故、食物繊維を食べ過ぎると便秘が悪化してしまうのでしょうか。

 

その理由は、不溶性食物繊維の特徴にあります。
不溶性食物繊維は腸内の水分を吸収してしまうため、水分含有量の少ない硬い便が腸内に溜まっている場合、
ただでさえ少ない水分が食物繊維に取られて便が腸内で動かなくなってしまって便秘が悪化してしまうのです。

 

もし硬い便がちょっとずつ出るというタイプの便秘であれば、野菜をたくさん食べて
不溶性食物繊維を大量に摂取すると逆効果になる場合が多いですから、注意するようにしてくださいね。

 

便秘を解消させる食物繊維の摂り方って?

では、効果的に便秘を解消させるためにはどのように食物繊維を摂れば良いのでしょうか。

 

ポイントは、2種類の食物繊維をバランス良く摂ることにあります。
割合としては、水溶性:不溶性=1:2が理想的です。

 

豆腐とわかめの味噌汁などのように、上手に水溶性と不溶性の食物繊維を
組み合わせたメニューがオススメですから、ぜひ試してみてくださいね。

 

また、食物繊維で便秘を解消させるためには、しっかりと水分を摂ることが不可欠です。
便秘に悩んでいる時は、食事などの際に出来るだけ水分も一緒に摂るようにしてみてください。

 

ただし、お酒や紅茶、コーヒー、ジュースなどは利尿作用があることに加えて、
糖分なども含まれていますので水分補給にはあまり向いていません。

常温からぬるま湯程度の水や麦茶などで水分補給するようにしましょう。

 

関連ページ

便秘で死ぬ!?末期の便秘・糞便性イレウスの危険性
便秘は放置すると危険です。便秘で死亡することもあります。糞便性イレウスの危険性について綴ります。
阿波番茶の効果に業界震撼!
先日、主治医が見つかる診療所で放送された阿波番茶の腸内フローラ改善効果に今業界が震えている!
舐めて便秘を解消?嘗め味噌の驚異の力とは
嘗め味噌には、大豆や野菜による食物繊維と酵母や乳酸菌が含まれます。これを日々継続して摂取することが便秘解消に繋がるのです。
便秘と下痢を交互に繰り返す原因は?
便秘と下痢を交互に繰り返す原因についてお伝えいたします。
乳児(1才以下)の便秘の解消法
1才以下の乳児の便秘解消法についてお伝えいたします。