オリゴ糖のメリットいろいろ

 

オリゴ糖は糖類の一種でビフィズス菌などの腸内善玉菌を増やす効果があり、様々な種類があります。
小腸で吸収されてしまう消化性の物や、大腸まで消化されずに残る難消化性の物があります。

 

特に、大腸まで残るオリゴ糖がビフィズス菌を増殖させ腸内環境を整える効果があり、健康に良いとされています。

 

体内に吸収されない

オリゴ糖は適正量を摂取することにより、糖類にもかかわらずそのままでは体内に吸収されず、
体重増加や血糖値の上昇に影響されにくいというメリットもあります。

 

便秘の解消

腸内で悪玉菌が増殖してしまう事により、体内に老廃物がたまり便秘となります。
便秘により肌荒れや食欲不振、腸内環境も悪くなります。
オリゴ糖を摂取することにより、善玉菌が増え便秘の解消に結びつきます。
また、便秘の解消により肌も綺麗になります。

 

虫歯になりにくい

オリゴ糖は糖類にもかかわらず虫歯になりにくいと考えられています。
ミュータンス菌は糖質を栄養分として酸をだし、それが虫歯の原因となりますが、
オリゴ糖の成分は栄養分とならないために虫歯になりにくいです。

 

お菓子など歯の健康も気になる時にお子様にも安心して食べさせる事ができるというメリットがあります。
カロリーも普通の砂糖に比べて低いので、ダイエット中にもいいです。

 

妊娠中もOK!

妊娠中の多い悩みの一つとして便秘が挙げられます。
妊娠中でも飲める薬を処方してもらえますが、それでも不安という人が多いです。
オリゴ糖なら妊婦さんにも安心して摂取出来るというメリットがあります。

 

食事や生活習慣に気を使っていても妊娠中は便秘になりやすいものです。
薬に比べても安心ですし、母乳にも含まれている成分なので、仮に赤ちゃんが摂取したとしても問題ありません。
薬を飲む前にまずオリゴ糖を毎日摂取してみるといいです。

 

無理なく続けられる

またオリゴ糖は熱に強い為に煮物などの料理や飲み物などにいれても問題ありませんし、無理なく続ける事が出来ます。

 

安価で販売されているシロップのオリゴ糖などは純度が低く、
ショ糖など他の糖類や色々な添加物も入っているので、純度が高くて自然に近い物を購入する事が大事です。

 

余計な成分が入っていることにより善玉菌が増えるどころか、悪玉菌を増やす結果になってしまいます。

 

シロップ上のものでも純度が高い物もありますし、粉末状やドリンクタイプの物など様々な種類があります。
一日大さじ1?2杯位を目安に摂取します。
料理や飲物に入れるのもいいですが、ヨーグルトや寒天、食物繊維といっしょに摂取するとより一層効果が期待できます。

 

関連ページ

便秘改善にはオリゴ糖がおすすめ
頑固な便秘を解消するには、オリゴ糖がおすすめです。ただ選び方を誤ると失敗することも。ここでは、オリゴ糖選びのポイントもお話します。
オリゴ糖と砂糖はどこが違うの?オリゴ糖のGI値は?
オリゴ糖と砂糖の違い。またオリゴ糖のGI値など血糖値を気にしている方にとって必要な情報を提供します。
ブレンドタイプのオリゴ糖が良い理由
オリゴ糖は特定の種類のオリゴ糖を単体で摂るよりも、複数種類のオリゴ糖がブレンドされているものを摂ったほうが効果があると言われています。
オリゴ糖の効果を感じなくなった場合の改善策教えます!
オリゴ糖を摂り続けているのに、ある時効果が感じられなくなって断念してしまう方が結構います。ここでやめてしまうのはとてももったいないです。改善策教えます。