ブレンドタイプのオリゴ糖が良い理由

 

単体タイプのオリゴ糖よりもブレンドタイプのオリゴ糖のほうが、
より便秘解消の効果を感じられやすいのはなぜ?

 

私達の腸の中には、善玉菌と悪玉菌がいます。
お通じの良い人の場合は、善玉菌が悪玉菌より数が多く、腸内で活発に動いており、
便秘で悩んでいる人の場合は、悪玉菌が善玉菌より数が多く、
残された数少ない善玉菌も疲れ切った状態
になっています。

 

便秘を改善するには、この疲れ切った善玉菌たちを元気にする為、
また善玉菌の数を増やす為に、善玉菌にエサを与えなくてはいけません。
この時に善玉菌のエサとなるのがオリゴ糖です。

 

オリゴ糖と一口に言っても、
イソマルトオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、乳果オリゴ糖、ガラクトオリゴ糖、
ミルクオリゴ糖、キシロオリゴ糖、ラフィノースなど様々な種類があります。

 

善玉菌を元気にしたい時に単体タイプのオリゴ糖を摂るよりも、
数種類のオリゴ糖が混ざっているブレンドタイプのオリゴ糖を摂った方が
効果を感じる事ができるのはなぜなのでしょうか?

 

腸内にいる善玉菌の代表格がビフィズス菌です。
ビフィズス菌はヒトの腸内に10種類以上もいると言われています。

 

この腸内に10種類以上いるビフィズス菌はみんながみんなオリゴ糖が大好物ですが、
好みは十人十色で、人間に好きな食べ物と、嫌いな食べ物があるように、
ビフィズス菌にも、好きなオリゴ糖と嫌いなオリゴ糖があります。

 

例えば、イソマルトオリゴ糖だけを食べた場合は、
イソマルトオリゴ糖が好きなビフィズス菌しかエサを与えた事にならず、
他の種類のオリゴ糖が好きなビフィズス菌にはエサを与えていない状態になります。

 

ですから、単体タイプのオリゴ糖を食べた場合は、
腸内にいる一部のビフィスズ菌しか元気にならず、腸の環境は整いません。

 

それぞれのビフィズス菌の好みを全てカバーできるように
複数のオリゴ糖が混ざっているブレンドタイプのオリゴ糖を食べた方が
腸内にいるビフィズス菌をまんべんなく元気にする事ができ、腸の環境が整います。

 

このブレンドタイプのオリゴ糖を摂取して、腸内のビフィズス菌を効率良く増やし、活発に動かす方法は、
「EOS理論」と呼ばれ、お腹の調子を良くする最新の方法として研究が進んでいます。

 

EOSは「EnterbacteriaOlogoSaccharideSynergy」の略で、
Enterbacteriaは腸内殺菌
OlogoSaccharideはオリゴ糖
Synergyは相乗効果
簡単に言うと「オリゴ糖の相乗効果で腸内を殺菌する」という方法です。

 

市販の単体タイプのオリゴ糖を自分で組み合わせて
オリジナルのブレンドオリゴ糖を作っても似たような効果が得られますが、
ESO理論に基づいて作られた市販のブレンドオリゴ糖を活用するのが、
一番簡単で確実に便秘を解消できる方法です。

 

関連ページ

便秘改善にはオリゴ糖がおすすめ
頑固な便秘を解消するには、オリゴ糖がおすすめです。ただ選び方を誤ると失敗することも。ここでは、オリゴ糖選びのポイントもお話します。
オリゴ糖のメリットまとめ
オリゴ糖は適正量を摂取することにより、糖類にもかかわらずそのままでは体内に吸収されず、体重増加や血糖値の上昇に影響されにくいというメリットもあります。
オリゴ糖と砂糖はどこが違うの?オリゴ糖のGI値は?
オリゴ糖と砂糖の違い。またオリゴ糖のGI値など血糖値を気にしている方にとって必要な情報を提供します。
オリゴ糖の効果を感じなくなった場合の改善策教えます!
オリゴ糖を摂り続けているのに、ある時効果が感じられなくなって断念してしまう方が結構います。ここでやめてしまうのはとてももったいないです。改善策教えます。