オリゴ糖の効果を感じなくなった場合の改善策教えます!

 

便秘解消に効果的!オリゴ糖の魅力

日々のストレスで乱れた食生活をおくっている方や、運動不足な方は便秘に悩まされることが多いです。
そんな方におすすめなのがオリゴ糖です。

 

オリゴ糖は、腸内の環境を整えてくれる善玉菌の代表とも言えるビフィズス菌のエサになります。
ミネラルの吸収率を高め、便秘改善はもちろん、アトピー改善や大腸がんの予防、免疫力向上にも効果があります。
さらに低カロリーにも関わらず、体内の老廃物を排出することができるので、ダイエット効果も期待できるという優れものなのです。

 

一般的には、オリゴ糖を便秘改善に活用する方が多いと思います。
しかし、最初は便通が良かったのに、ある時から効果が実感できなくなったと思うことはありませんか?
オリゴ糖にも停滞期があります。その理由や改善方法をご紹介します。

 

そもそもオリゴ糖ってどういうもの?

腸には多くの種類のビフィズス菌がいてそれぞれ異なる働きをしています。
さらに、腸内にいる様々なビフィズス菌は、それぞれエサとなるオリゴ糖の種類が違います。
そのため、菌ごとに限られた種類のオリゴ糖しか取り込むことができないのです。

 

一つのオリゴ糖ばかり摂るよりも、複数のオリゴ糖を組み合わせて摂ることが、腸内環境を良くするには重要なことなんですね。

 

しかし複数のオリゴ糖を摂取していたとしても、その効果が途中で停滞する場合があります。

 

もう効果なし?オリゴ糖の停滞期とは

オリゴ糖を摂り続けているのに、ある時効果が感じられなくなって断念してしまったという方は、まさにこの停滞期に直面していたと言えます。
ここで停滞期を乗り越えられるかどうかが重要なのです。

 

オリゴ糖の摂取を始めた当初は、善玉菌が増えるためその効果を十分に感じた方は多いと思われます。

 

しかし、摂取し続けていると、悪玉菌が善玉菌に負けないよう抵抗力を持ち始め、そのまま増えてしまいます。
これがオリゴ糖の停滞期と言われるものです。

 

だからといってオリゴ糖はもう効果なしと諦めてしまうのはもったいないことです。
摂取方法を少し変えるだけで停滞期を突破することができるので、是非以下の方法を試してみてください。

 

オリゴ糖の停滞期を乗り越えるには

オリゴ糖の停滞期を克服するには、敵である悪玉菌を油断させることが必要になります。
善玉菌が少なくなり、悪玉菌が油断した隙にオリゴ糖を送り込み、総攻撃を仕掛けるのです。

 

いわゆる奇襲作戦というものですね。
私たち人間が食べる回数や量に変化をつけることで、善玉菌に有利な状況を作り出すことができるのです。

 

オリゴ糖の摂取を変えるには様々な方法があります。

 

食べる時間帯と回数を変える

毎朝決まった時間にオリゴ糖を食べていた方は、夜に変えましょう。
一日一回食べていたという方は、半量を朝と晩の2回に分けて食べるようにするだけで全く違います。

 

食べる量を変える

オリゴ糖の摂取を一時的に少なくして、その後通常よりも多くの量を摂取します。
悪玉菌を油断させて一気に善玉菌優位の腸内環境にすることができます。

 

例えば、3日間だけ通常の半分程度の摂取量に減らし、その後の3日間、摂取量を通常の2倍程に増やしてみましょう。
そうすることで、オリゴ糖を飲み始めた時のような便秘改善の効果が実感できるでしょう。

 

ここで注意していただきたいのが、オリゴ糖の摂取を止めないようにすることです。
悪玉菌を油断させようとしてオリゴ糖の摂取をぱったりやめてしまうと、善玉菌が減ってしまいます。
少なくするのは良いのですが、全く摂らないというのは避けましょう。

 

食べ合わせに変化を

普段、コーヒーにオリゴ糖を入れている方は、味噌汁やジュースに入れてみるといいでしょう。
いつもと違ったリズムに悪玉菌が慌てて、再び善玉菌の活性化が期待できます。

 

いかがでしたでしょうか。

オリゴ糖の摂り方に少し工夫を凝らすことで、その効果を復活させることができます。
オリゴ糖の停滞期を感じて、もう効果なしだと思い込み摂取を止めてしまうのはとてももったいないことです。
悪玉菌に屈することなく、善玉菌を応援するつもりで飲み方を変えて色々と試してみるといいですね。

 

関連ページ

便秘改善にはオリゴ糖がおすすめ
頑固な便秘を解消するには、オリゴ糖がおすすめです。ただ選び方を誤ると失敗することも。ここでは、オリゴ糖選びのポイントもお話します。
オリゴ糖のメリットまとめ
オリゴ糖は適正量を摂取することにより、糖類にもかかわらずそのままでは体内に吸収されず、体重増加や血糖値の上昇に影響されにくいというメリットもあります。
オリゴ糖と砂糖はどこが違うの?オリゴ糖のGI値は?
オリゴ糖と砂糖の違い。またオリゴ糖のGI値など血糖値を気にしている方にとって必要な情報を提供します。
ブレンドタイプのオリゴ糖が良い理由
オリゴ糖は特定の種類のオリゴ糖を単体で摂るよりも、複数種類のオリゴ糖がブレンドされているものを摂ったほうが効果があると言われています。